介護保障を考える弁護士と障害者の会

障害者が生活していく上で、支給時間数が

とても大事です。

支給時間数とは、市がその障害者が生活する上で

介助者(ヘルパー)に決めた時間までは保障する

という時間のことです。

その時間で生活するわけですが、少ないと

自分の思った生活が出来ません。

この時間を勝ち取るために、サポートしているのが

この介護保障を考える弁護士と障害者の会です。

事例発表や取り組みを聞きに行きました。

勉強になっいいシンポジウムでした。

 

さぁ~こっからは

前々回の問題の答え合わせです。

Q. UUUU これな~んだ?

A.『UFO』です。Uがよっつで『ゆーふぉー』だよ✌

それじゃ~今日の問題だ!ばばん!

Q.階段もはしごもないのに空にのぼっていくのは何?

苦しくなって、死んでしまう恐れがある

こわいものだよ(*_*;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

寒くなってきました

次の記事

台風22号